素肌力アップ!ミネラルファンデーションとは?肌にやさしい理由は?

肌に優しいファンデーション お悩み解決
Portrait of a beautiful happy woman with long eyelashes, beautiful fresh nude make-up, thick eyebrows and with clean skin in a beauty salon. Eyelash extensions. Face close-up. Make-up concept

ミネラルファンデーションは肌にやさしいという認識の方が多いと思います。

しかし、なぜ肌にやさしいのか、肌にやさしいとどんなメリットがあるのかわからない人は多いのではないでしょうか。

今回は、ミネラルファンデーションの特徴やメリットを解説します。

パウダーファンデーションのようなほかのファンデーションとの違いもご紹介。

ミネラルファンデーションを使えば、肌に負担をかけないメイクで素肌力がアップしますよ!

ミネラルファンデーションとは?

ミネラルファンデーションは、天然ミネラルを原料に作ったファンデーションです。

粉末状のルースパウダーが主流ですが、プレストパウダータイプやリキッドタイプを展開しているメーカーもあります。

ミネラルファンデーションとして販売されているものは、2つに分けられます。

  • ・天然ミネラルだけを使って作られたもの(通販メーカーに多い)
  • ・化学成分に合わせてミネラルを使って作られたもの(ドラッグストアで買えるものに多い)

ミネラルファンデーションは肌にやさしい、というイメージがありますが、本当に肌負担が少ないのは、「天然ミネラルだけを使って作られたもの」です。

本来のミネラルファンデーションは、シリコン類や着色料、防腐剤、油分、アルコールなどは含まれていません。

ドラッグストアなどで販売されているミネラルファンデーションは、ミネラル以外の成分がたくさん使われています。

肌負担を抑えるミネラルファンデーションは、天然ミネラルだけで作られたもの、と覚えておきましょう。

ミネラルファンデーションのメリット

ミネラルファンデーションには天然ミネラル以外の成分が使われていないので、肌に負担をかけないベースメイクが叶えられます。

着色料や防腐剤、紫外線吸収剤などの化学成分は、人によっては刺激になって肌荒れの原因になることがありますが、ミネラルファンデーションなら心配無用。

また、ミネラルファンデーションには毛穴に詰まりやすいシリコン類が含まれていません。

シリコン類はカバー力アップに欠かせない成分ですが、ファンデの密着力を上げるため、毛穴に残りやすいという特徴があるのです。

ミネラルファンデーションは毛穴に詰まりにくいため、毛穴詰まりによるニキビや黒ずみの発生も抑えられます。

洗浄力の強いクレンジング不要だから肌が乾燥しにくい

ミネラルファンデーションは落としやすいので、化粧下地を塗った上に重ねても洗浄力の強いクレンジングで洗う必要はありません。

ミルクタイプやクリームタイプなど、洗浄力が弱めのクレンジング剤でもしっかり落とせます。

洗浄力の強いクレンジング剤は、肌に必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまい、乾燥の原因になります。

普段のベースメイクをミネラルファンデーションにすれば、洗浄力が弱めのクレンジング剤を使って乾燥を防ぎながらメイクを落とせるのです。

ミネラルファンデーションのデメリット

肌にやさしいミネラルファンデーションにもデメリットはあります。

しかし、対策できる程度のデメリットなので、しっかり対策をすれば使用に問題はありません。

カバー力不足や崩れやすいというデメリットは、コンシーラーや崩れに強い下地など、ほかのアイテムを組み合わせることで対処しましょう。

ニキビ跡やシミをカバーしにくい

ミネラルファンデーションはほかのファンデーションよりカバー力が低いため、ニキビ跡やシミのような色素沈着系の肌トラブルはカバーしにくいです。

ニキビ跡やシミをしっかりカバーするなら、ミネラルファンデーションを重ねる前にコンシーラーを使う必要があります。

また、比較的カバー力が高いリキッドタイプのミネラルファンデーションがおすすめです。

汗に弱いので夏の使用には不向き

ルースパウダータイプのミネラルファンデーションは、汗をかくと落ちてしまい、メイクが崩れて汚く見えてしまいます。

特に顔に汗をかきやすい夏場やジムでの使用には向いていません。

夏場に使うなら、リキッドタイプのミネラルファンデーションと汗、皮脂に強い下地を合わせて使いましょう。

パウダリーファンデとミネラルファンデ、どっちがいい?

肌負担を重視するならミネラルファンデーション、カバー力を重視するならパウダーファンデーションです。

ナチュラルメイクのときはミネラルファンデーション、特別な日のしっかりメイクのときはパウダーファンデーション、と使い分けるとよいでしょう。

ミネラルファンデーションは天然ミネラルベースで作られており、肌に負担をかける余計な成分が入っていないので、肌にやさしいのがメリット。

ただし、カバー力が高いファンデーションにするには、シリコン類や着色料など化学成分が必要になるため、カバー力ではパウダーファンデーションの方が優れています。

どちらかをずっと使うのではなく、シーンに合わせてファンデーションを使い分けると、肌負担を抑えながらメイクのバリエーションが増え、メイクをもっと楽しめますよ!

まとめ

天然ミネラル以外に余分な成分を使っていないから肌にやさしいミネラルファンデーション。

肌に負担をかけないから、毎日メイクしても肌荒れしにくく、メイク落としによる肌の乾燥も予防でき、素肌力がアップします。

素肌に自信がない人や、敏感肌で合うファンデーションが見つからない人は、ミネラルファンデーションを使って素肌にやさしいメイクを試してみませんか?

コメント