肌トラブルが一番起きやすい夏に向けて知っておくべきコトとは?

夏は1年の中で特に肌トラブルが起こりやすい季節です。

皮脂分泌量と紫外線量が年間で最も多い上に、冷房が効いた室内にいると肌が乾燥するというリスクも。

皮脂と紫外線、乾燥によって次のような肌トラブルが起こりやすくなります。

  • テカリやベタつき
  • ニキビ
  • 毛穴トラブル(黒ずみや開き)
  • くすみ
  • シミ

不愉快なテカリやベタつき

最も皮脂量が多くなる夏は、Tゾーンを中心に皮脂でテカリやベタつきが起こりやすくなります。

テカリやベタつきが発生すると、メイクが崩れやすくなるだけではなく、毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まり、ニキビや毛穴トラブルへと発展するのです。

夏のニキビは複数の原因

夏にニキビができる原因は一つではありません。

まず、毛穴詰まりで雑菌が繁殖しやすくなってニキビが発生するパターン。

夏は汗や皮脂で崩れないように、崩れにくいファンデーションや化粧下地を使うことが増えます。

崩れにくいベースメイクには、シリコン類が含まれているのですが、シリコン類はメイクを崩れにくくするメリットのほかに、毛穴に詰まりやすいというデメリットもあるのです。

ベースメイクの成分に加えて、皮脂と汗でますます毛穴が汚れ、雑菌が繁殖してニキビができるのです。

また、紫外線もニキビの原因になります。

紫外線を受けた肌は、水分を失ってバリア機能が弱まり、雑菌が繁殖しやすくなるのです。

目立ちやすい毛穴トラブル

皮脂量が増える夏は、皮脂の出口になる毛穴が開きやすくなります。

毛穴が開きっぱなしになると、メイクをしても毛穴の開きが目立ったり、毛穴に汚れが入り込みやすくなります。

メイクや皮脂が原因で毛穴が詰まり、毛穴の中の汚れが酸化すると黒ずみが発生。

さらに、紫外線を受けた毛穴部分にメラニンが生成され、色素沈着を起こして黒ずみのようになることもあるのです。

年齢とともに気になるくすみ

夏の肌は、紫外線ダメージを防ぐために角質が分厚くなります。

角質が分厚くなると、肌がくすんで見える、肌がごわついてメイクのりが悪くなる、スキンケアが馴染みにくくなるというトラブルにつながります。

将来に影響してくるシミ対策

紫外線量が増える夏は、特にシミができやすい季節。

冷房の影響で乾燥してバリア機能が低下すると、紫外線ダメージが溜まってシミができやすくなります。

特に、アラサー世代以降はバリア機能が低下しやすいので、紫外線対策はしっかりしても肌の保湿が足りないと夏の終わりに新たなシミが現れることも。

夏のスキンケア方法

夏のスキンケアは、毎日の保湿ケアに加えて、週に1~2回の美白と汚れ落としのスペシャルケアを取り入れます。

たっぷり保湿、しっかり美白、そしてスッキリ汚れ落とし。

3つのアプローチで夏のスキンケアをクリアしましょう!

朝は毛穴を引き締めるケアでテカリ、ベタつき予防

毛穴を引き締めるということは、皮脂の過剰分泌を抑えるということです。

皮脂の過剰分泌は、肌が乾燥すると起こります。

つまり、毛穴を引き締めるためには保湿ケアが必要です。

毛穴を引き締めるケアとして、冷たいタオルや氷など冷たいアイテムを肌に当てる方法がよくありますが、効果は一時的で長続きしません。

朝は化粧水と乳液をコットンで肌全体にすみずみまでなじませると、毛穴の引き締めに効果的です。

手ではなくコットンを使うのは、コットンの方がムラなく保湿ができるから。

コットンは毛羽立たないソフトな肌触りのものを使ってくださいね。

化粧水をなじませたあと、乳液は化粧水を含ませたコットンの裏面を使ってなじませます。

仕上げにハンドプレスでうるおいを閉じ込めるように肌を押さえれば、朝の毛穴引き締めケアは完了です。

週に1~2回は角質拭き取りケアでくすみオフ

角質が分厚くなる夏は、余分な角質を取り除くケアをプラスします。

クレンジングまたは洗顔後に、拭き取り効果のある化粧水や乳液をコットンに含ませ、肌をこすらないようにやさしく拭き取ってください。

余分な角質を取り除くことで、化粧水や美容液が浸透しやすくなり、スキンケア効果もアップします。

美白有効成分入りのシートマスクで集中シミケア

シミは新しく作らせない、濃くしないことが大切です。

夏の紫外線ダメージでメラニンを過剰に増やさないために、メラニン生成を抑える美白有効

成分が配合されたシートマスクでケアします。

<代表的な美白有効成分>

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • 4MSK
  • ハイドロキノン

シートマスクは、美白有効成分に加えてセラミドやヒアルロン酸のような保湿成分が配合されたものがおすすめです。

毎日のクレンジングは肌にやさしいものを

夏は、崩れにくいメイクと落としやすい洗浄力が強いクレンジング剤で肌負担が重なります。

オイルやバーム、リキッドはメイクを落としやすいですが、洗浄力も強いので毎日の使用にはおすすめしません。

洗浄力は弱めですが、肌に必要なうるおいは残すクリームやミルクタイプのクレンジング剤を常用すると、夏の乾燥対策にも効果的です。

メイクを落とす前に、湯船に入浴してメイクを落としやすくすると、クリームやミルクタイプのクレンジング剤でもしっかりメイクを落とせます。

週に1~2回の汚れ落としスペシャルケア

洗浄力が弱いクレンジング剤だけでは、崩れにくいメイクの成分が肌に残りやすいので、週に1~2回は汚れを落とすスペシャルケアを取り入れてみてください。

スペシャルケアとしておすすめなのは、洗顔ブラシと泥パックです。

洗顔ブラシを使って洗顔すると、毛穴に残ったメイク汚れを落とせて毛穴詰まり予防に効果的です。

泥パックは、泥が毛穴に詰まった汚れを吸着して落とすので、毛穴詰まりによるトラブルを防げます。

見出し:夏の肌に合わせたスキンケアで肌トラブルを防ごう

皮脂に紫外線、乾燥、崩れにくいメイクなど、夏は肌トラブルの原因がたくさん。

  • 皮脂量が増える
  • 汚れが溜まりやすい
  • 紫外線ダメージが増える
  • 乾燥しやすい
  • 崩れにくいメイクでクレンジング負担が増える

夏の肌の特徴を知ることで、夏に必要なスキンケアがわかります。

毎日のケアと定期的に行うスペシャルケアで、夏の肌にダメージを残さず、美肌を育んでください。

コメント